記 憶





一匹の黒猫が俺の足元に近付いてきた。

そして俺を見上げこの瞳をじっと見つめる。


『貴方は何も覚えていないのですか?』


分かるはずのないその言葉。

しかしその心の声は俺の中に響いてくる。

そっとその黒猫に手を差し伸べ瞳を見つめ問うてみた。

「いったい何を……」


『私の名はエンジェル、神に仕えるもの。

そして貴方は私たち猫の王』


真っ直ぐに向けられた瞳は逸らされる事無くそう呟く。


『貴方は恋をした…人間の男に。

王である貴方が人間の男に恋をするなど以ての外。

神は怒り、貴方を猫の世界から追放した。

貴方が愛した男と同じ人間の姿に変え、猫であった記憶を消し、愛した男の記憶も全て消し去った。

この世界で愛しいその男を見つけてみろとばかりに……。

それが神の下した貴方への罰』


一言一言かみ締めながらエンジェルは話し続けた。


『神は貴方を試されたのです、貴方の恋が真であるか……。

しかし貴方はちゃんと彼を見つけた。

この(猫)の世界を捨ててまで求めたもの、貴方の彼に対する想いは真であった。

そして今、恋をし彼と共に幸せに暮らしている。

………今日は神から貴方への伝言を預かって参りました』


今思えば、俺はずっと何かを探していたような気がする。

肩肘を張り、世の中の全てに背を向け否定して……。

心を固く閉ざしながら、それでもこの伸ばした指の先に触れる温もりを探していた。

それが何なのか分からないまま香藤と出会い、恋に落ちた。

しかしこれは偶然ではなかった。

あの日、俺が求めたもの。

俺が恋焦がれ求めたその手、微笑み。

あの日の記憶が甦る。

香藤の優しい瞳が愛しむように俺を見る。

大きく温かな手が俺を抱き上げ、そして頬に落とされる甘いくちづけ。

俺はずっと恋をしていたんだ。

ずっと……ずっと前から。

……香藤洋二という男に。


『二人の幸せを祈っている……そう仰っていました』


神からの伝言を伝え、安心したようにエンジェルが微笑んだ。

捜し求めていた愛しい人に出逢えた喜びと、それを認められた喜び。

「あぁ……俺はやっと神からの許しを得たんだな……」

言葉にならない想いが胸の奥から込み上げ頬を伝った。




おわり




瑠璃さま





Uploaded (anew) 12 October 2014





本サイト掲載の文章や画像の著作権はすべて作者さまに帰属します。無断転載・引用禁止。
All works here are fully copyright protected and must not be copied, downloaded,
reproduced or used in any way without prior authorisation.